西南オケについて

こんにちは!私たちは西南学院大学の学術文化会(大学公認サークル)に所属している、西南学院大学管弦楽団(通称:西南オケ)です。毎年12月に行われる定期演奏会に向け、素敵な仲間と共に日々練習に励んでいます。西南オケの魅力は、

 

①西南生だけでなく他大学生も多い

②音楽に触れることが初めての人や、大学生になってから

新たな楽器を始めてみたい!という人でも大歓迎!

③団員全員の仲がとても良い

 

ところなどなど、数えきれないほどたくさんあります。オーケストラやクラシック音楽に興味があるあなた、大学に入って新しいことをやってみたいあなた、大学生活をエンジョイしたいあなた!一度見学にいらっしゃってください。西南オケの魅力に引き込まれること間違いなしです♪


幹事あいさつ

 

 私たち西南学院大学管弦楽団は、西南学院大学の学生と近郊の他大学の学生を中心に構成されている歴史のあるアマチュアオーケストラです。現在、約70名の現役部員が所属しており、毎年12月に行われる定期演奏会を第一の目標として日々練習に励んでいます。

  

今年は、12月25日(火)に、第56回定期演奏会(18時開場、19時開演予定)をアクロス福岡 福岡シンフォニーホールにて開催いたします。
 

 

 曲目は、ラロ/歌劇「イスの王様」より序曲、チャイコフスキー/バレエ「くるみ割り人形」より抜粋(行進曲、アラビアの踊り、ロシアの踊り、葦笛の踊り、金平糖の踊り、花のワルツ)、チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」を演奏予定です。お時間のある方はぜひ足を運んでいただきたいです。西南オケのサウンドに魅了されるクリスマスをお過ごしいただけたらと思っております。ラロ/歌劇「イスの王様」より序曲は、全国でも演奏回数が少なく、とてもレアな曲となっております。また、定期演奏会の他にも地域の依頼演奏などにも参加し、積極的な外部交流もはかっています。

  

これからも西南学院大学管弦楽団は地域の皆様をはじめ、演奏会にお越しいただくお客様、ご指導くださる先生方、ご支援くださるOB・OGの方々など、様々な方のご協力に心より感謝し、より一層努力を重ねてまいります。
 

また、私たち団員一同は、今年度入学される新入生の当団体へ入団されるのを団員一同、心よりお待ちしております。ぜひ私たちとともに音楽をつくっていきましょう。西南学院大学管弦楽団は、初心者の人や音楽経験があまりない方も活躍できる場となっています。現在も団員を募集しております。少しでも興味を持たれた方は、この充実したホームページをご覧の上、メールなどで連絡をください。最後まで読んでいただきありがとうございました。今後とも西南学院大学管弦楽団をよろしくお願いします。

 

 

2018年3月 西南学院大学管弦楽団 第63代幹事 田部智也